読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツルオン感想ブログ

映画や本や音楽に触れた時の思いを書いてきます。

映画:シンプル・シモン

キュートでポップなスウェディッシュムービー。

 

               

あらすじ

第84回アカデミー賞外国語映画賞スウェーデン代表に選出されたラブコメディー。他者とのコミュニケーションがうまく取れないアスペルガー症候群の青年が、自分のせいで恋人に振られた兄に新たなパートナーを見つけようと奮闘する姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、本作で長編映画デビューを飾った新鋭アンドレアス・エーマン。主演は、ステラン・スカルスガルドの息子ビル・スカルスガルド。ハートウオーミングなストーリーもさることながら、北欧ならではのかわいらしいファッションやインテリアも見もの。

ストーリー:気に触ることがあると、ロケットに見立てたドラム缶にこもって、宇宙へと飛び立つ想像にふけるアスペルガー症候群のシモン(ビル・スカルスガルド)。そんなシモンを理解する兄のサム(マルティン・ヴァルストロム)は、恋人フリーダ(ソフィ・ハミルトン)と暮らす新居に彼を迎え入れて共同生活を送ることに。しかし、遠慮せずに自分の生活ペースを事細かく守ろうとするシモンに嫌気が差したフリーダが出ていってしまう。落ち込むサムの姿に心を痛めたシモンは、彼にぴったりでパーフェクトな恋人を探し出そうとする。

映画『シンプル・シモン』 - シネマトゥデイ

 

 

 

とにかく全編にわたって、流れるスウェディッシュポップスとインテリア、街並み、小物がカラフルでかわいくて、見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれる映画。

ストーリーも王道で、安心して見ていられるし、何より主人公の行動が微笑ましい。

コンセプトとしてアスペルガー症候群への理解をっていうものはあるんだろうけど、そんなに気にならず普通に見れた。
秋のさっぱりした晴れの日にみたい映画。

 

個人的には、元カノと別れの危機のときにみた映画なので思い出深い(笑)
映画の中で、「お互い違うから惹かれあうのよ」みたいなセリフがあるんだけど、
見終わったあとに、元カノに「私たちって似た者同士よね」と言われてしまい、
ひきつった笑いをしたのをよく覚えてるわ(笑)

振られるフラグがびんびんでしたね。。。なぜ、この映画をチョイスしてしまったのか結構後悔したわ。。

けど、映画に罪はなくてとってもいい映画なのでぜひ!

好評らしく、いまだにいろんなところで公開されてるみたいなので。

 

似た者同士を自認しているのカップルの方は、避けた方がいいかもしれないけどね!ヒッヒ!